おいしく、いきいき、植物のちから

  • ブルーベリー果汁飲料
    静岡県産ブルーベリーとシチリア産レモン、長野県の水を使用した60%混合果汁入り飲料です。内容量は180mlの飲みきりサイズ。長野県の手づくり工場で手間を掛けて丁寧に作っています。一般的な果汁飲料に比べて果汁60%と濃く、どちらかと言うと単品ではなくなにかと合わせた方が味わえる飲みものです。ちょっとした贅沢に濃い味の肉や魚料理に合わせて堪能してみては如何でしょうか?このほかにもパスタ・パン・チーズケーキなどとお好みに合わせてお飲みいただければと思います。ご褒美のセイロンシナモン入りラテやバニラアイススムージー作りもオススメです。
  • 抹茶・GREEN TEA
    手軽で飲みやすい上品な味わいの京都府産抹茶・GREEN TEA粉末スティック。静岡県の茶パック工場で日本三大茶のひとつ宇治茶を使用して作りました。休憩・食事・デザート・おやつのおともにいかがでしょうか?通常は100〜500cc、緑茶程度の濃さにする場合は1000〜2000ccのお湯又は水で溶いてお飲みください。抹茶は大袋15包入・中袋5包入、GREEN TEAは小袋3包入。普段使いには大袋、プレゼント用には中袋・小袋がオススメです。ご褒美のセイロンシナモン入りラテやバニラアイススムージー作りもオススメです。
  • ブルーベリー苗
    育てやすく味の良さで選んだブルーベリー苗。ご自分で育てて味わいのある完熟果を食べてみませんか?成木になるのに7年かかり、地植えで2〜3m位の大きさになります。鉢植えで育てる事もできますが、毎年植え直しが必要で剪定で1〜2m位の大きさにすると扱いやすいです。夏に果実のなる庭木として使われ、秋から冬にかけて紅葉を楽しむこともできます。

ブルーベリー、抹茶の栄養成分など

カフェイン

抹茶1杯にはコーヒー1杯と同程度のカフェインが含まれています。(GREEN TEA1杯にはコーヒー1/2杯と同程度のカフェインが含まれています。)

ビタミン

ビタミンA、C、Eなどが含まれています。

ミネラル

カリウム、カルシウム、マグネシウム、リンなどが含まれています。

ポリフェノール

フラボノイド、カテキン、ブルーベリーにはアントシアニンなどが含まれています。

その他

水溶性・不溶性食物繊維、ブルーベリーにはアミノ酸のグルタミン酸やアスパラギン酸、抹茶にはアミノ酸のテアニンや苦味と起泡性のあるサポニンなどが含まれています。(抹茶・GREEN TEA粉末スティック原材料の環状オリゴ糖は水溶性食物繊維として使用)

着色料・香料・保存料 無添加

ブルーベリーの紫色はアントシアニン、抹茶の緑色はクロロフィル。このポリフェノールや苦味・渋味のある植物色素は光や熱などで変色しやすく、人は蓄える事ができない成分。毎日適量を摂取することが大切とされています。抹茶は変色を抑えた加熱殺菌をしていますので、冷水で溶いてそのままお飲みいただいても大丈夫です。ブルーベリー果汁飲料の摂取目安は1日1/2〜1本・抹茶は1日1杯程度です。

おとりよせネットにリンクしています

レシピ

ブルーベリーヨーグルト

ブルーベリー果汁飲料をお好みの分量ヨーグルトと合わせます。

抹茶ラテ

抹茶を100ccのお湯で泡立てて、ミルク・砂糖と合わせます。ホワイトチョコレートを追加すると抹茶ホワイトモカになります。

ホットブルーベリー

ブルーベリー果汁飲料にハチミツ・セイロンシナモンを合わせて温めます。レモンスライスまたはオレンジスライスはエグミが出ないようにグラスの縁にのせて、飲む直前にグラスの中に入れると酸味・香りが優しく調和します。甘すぎる方は無糖の炭酸水やコーラなどを。冷やしたクールブルーベリーもオススメです。(瓶を冷凍庫で冷やさないでください)

ホット抹茶

水100cc・砂糖・ハチミツ・セイロンシナモンを合わせて温めた後、抹茶を合わせて泡立てます。砂糖とハチミツの割合を7対3〜8対2位にすると、優しいハチミツ味になります。甘さをひかえめにするとレモン味が強くなります。アカシアハチミツはサッパリ味でオススメです。

ブルーベリーカクテル

ブルーベリー果汁飲料にキルシュ・果実(ブルーベリーなど)を合わせます。よく冷やしても渋味は出ません。氷を入れても良いです。サッパリ味で洋菓子にも焼鳥にもよく合います。(アルコールは引火するのでご注意ください)